ハイドロキノンは強力な美白剤?

ハイドロキノンという成分が入っている化粧品が、美白効果があるとして売られています。
本当に効果があるのかどうか、どのようなことに気をつければよいのかを説明しましょう。
まず、ハイドロキノンですが、化学的にはヒドロキノンと呼ばれることもある成分で、非常に強力な還元剤です。
そして、この還元作用で、できてしまったシミの色素、メラニンを分解してくれるのです。いわば、肌の漂白剤です。
ところで、普通は漂白剤といえば次亜塩素酸ナトリウムのような酸化剤をまず思い浮かべ、なぜ酸化剤と逆の還元剤が漂白効果を持つのか疑問に思われるかもしれません。
もっともな疑問ですが、別にごまかしでも何でもありません。
色素を壊して色を薄くするにあたって、酸化することにより壊そうとするのが酸化剤型の漂白剤で、還元することにより壊そうとするのが還元剤型の漂白剤となり、つまり2種類ともにありえるのです。
話が少しそれましたが、ハイドロキノンはその還元作用によりできてしまったシミを薄くするだけではなく、メラニン色素を作り出す細胞を抑制する働きもあります。
すなわち、ダブルで美白効果が期待できるわけです。
ただし、その強力さゆえに、使用にあたっては注意点もあります。まず、アレルギーを起こすことがないか、パッチテストをしましょう。
次に、シミのできていない皮膚には使わないように気をつけましょう。健康な皮膚の色、肌色そのものも実はメラニンが関係しています。
ですから、そういう皮膚に使うと、極端な場合、その肌色さえも漂白されてしまい白斑が生じることがあります。
保存方法、使用期限を守ることも必要です。これもハイドロキノンの作用に関係しているのですが、強力な還元作用を持つということは、これ自身は非常に酸化されやすいということで、その結果、効果が失われやすいからです。